読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hikariのほしいもの発見ブログ!

ネットで見つけた気になる商品を紹介しています。

コレだけは知っておきたいナイトクリーム選びかたのコツとは?!

f:id:hikari2015:20161130142336j:plain


前回の記事で「意外と知らないナイトクリームの正しい使い方」をご紹介しましたが
今回は、多種多様なナイトクリームの中からどのような基準で
選べば失敗しないのかを見ていきましょう。

 

・目的に合った成分を選ぶ
ナイトクリームを使用される方にも、アンチエイジング
保湿などそれぞれ目的が違うと思いますが、目的に応じた
ナイトクリームを選ぶために、どのような成分配合が効果的なのかを
目的別に調べてみました。

 

・保湿重視で選ぶなら!
保湿をメインにしてナイトクリームを使用する場合は
セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが多く
配合されたものを選ぶのがオススメです。


まずセラミドは、角質層にある細胞と細胞の間を埋めている細胞間脂質の
30%以上を占めている保湿成分で水分を維持する効果がとても高い成分です。

それから、コラーゲンは肌の弾力はもちろんですが実は保湿効果も
高く角質層の水分をしっかりと保護します。

またヒアルロン酸やエラスチンは、元々角質層で存在する成分ですが
高い保湿力があり、角質層に潤いを与え肌を乾燥から防ぎます。

 

アンチエイジング重視で選ぶなら!
アンチエイジングなど肌の若返りをメインにして
ナイトクリームを使用する場合は、フラーレン、レチノール誘導体
コエンザイムQ10、プラチナが多く配合されたものを選ぶのがオススメです。


まずフラーレンは、ダイヤモンドと同じように炭素でできた成分で
強い抗酸化力があり、老化の原因となる活性酸素を防ぐ効果があります。


それから、レチノール誘導体は紫外線などの外的刺激によるくすみやシワ
乾燥による小ジワなどに効果のある成分で、水には溶けにくく油分に溶けやすい
性質をもっていますのでナイトクリームとしては、オススメの成分です。


またコエンザイムQ10は元々角質層で存在する成分ですが、抗酸化力が
とても強く、肌の再生には欠かせない成分です。


最後に、プラチナは化粧品とは結びつきにくい印象がありますが
実は、11種類あると言われる活性酸素を全て除去する事ができる
成分で抗酸化力を持続させますので、アンチエイジングにはオススメの成分です。

 

・美白重視で選ぶなら!
美白でもシミを防ぐことが目的か、出来たシミを除去すのが目的かで
それぞれ選ぶ成分が違ってきます。


まず、シミを防ぎたいのであれば、トラネキサム酸、アルブチン、エラグ酸などが
メインのナイトクリームがオススメです。


トラネキサム酸は、メラニン生成をつかさどる酵素チロシナーゼを分解し
シミの元となるメラニンの生成を抑えル成分で、肝斑(かんぱん)の治療でも
使われていますので美白効果は抜群です。


それから、アルブチンはチロシナーゼの働きを抑える効果がありますし
エラグ酸はイチゴなどに含まれる成分ですが、アルブチンと同様に
チロシナーゼの働きを抑える効果があります。


また、出来たシミを除去すのが目的の場合はビタミンC誘導体や4MSK
ハイドロキノンなどの成分がメインのナイトクリームをオススメします。
これらの成分は、できてしまったメラニンを還元しながら活性酸素を抑え
メラニンを排出する働きがあるため、できてしまったシミの除去に
効果があります。

 

・ナイトクリームその他の効果!
ナイトクリームは、就寝前に使用しますので質の高い睡眠と合わせれば
より一層の美肌効果が期待できますので、ラベンダーやオレンジ
カモミールネロリといったエッセンシャルオイルの成分が配合されている
ものがオススメですね!

 

オススメの商品はこちら!

おすすめサイト → オトナまつげ ぱっちりウィンク評判情報

おすすめサイト → 大人ニキビ アクネクレンズクチコミ情報

おすすめサイト → 簡単永久脱毛 ジョモウアワークチコミ情報

おすすめサイト → 加齢敏感肌 ストレピア効果情報

おすすめサイト → 30代からの乾燥肌・敏感肌ケアコスメ徹底比較ガイド

太陽光発電機器費用