読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hikariのほしいもの発見ブログ!

ネットで見つけた気になる商品を紹介しています。

アラサー女子のためのアンチエイジング!

美容

f:id:hikari2015:20160928142245j:plain

30代を過ぎると、特に気になる顔のたるみや肌のハリ不足ですが
実はこのたるみやハリ不足、見た目年齢を10歳もあげると言われています。
自分は童顔で、見た目年齢も大丈夫と思っている方は要注意!
今回は、見た目年齢を決めるたるみやハリ不足について調べてみました。

 

・たるみやハリ不足の主な要因とは!
人の肌は、表面の表皮、その下にある真皮、真皮の下にある皮下脂肪の
3層構造で構成されていますが、顔のたるみや肌のハリ不足の主な要因の
1つとしてあげられるのが、「真皮の劣化」です。

 

・真皮の劣化の原因とは!
真皮の70%はコラーゲンでできていて、ネット状の層を形成していて
水分をタップリ含んだヒアルロン酸などにより、肌のハリや弾力を維持しています。


表皮は、劣化しても1ヶ月程度でターンオーバーしますが真皮は劣化してしまうと
2~3年かかっても回復しません。


真皮の劣化の原因としては、加齢によるものもありますが
実は、たるみやむくみ改善のためのマッサージが原因の場合があります。


例えば、顔をマッサージするとスッキリ感がありむくみが取れて
引き締まったような感じになりますが、あまり強いマッサージをしてしまうと
ネット状に構成されている、真皮のコラーゲンやエラスチンの繊維が壊れてしまい
真皮の劣化に繋がります。


また、マッサージと同様に洗顔や化粧水を付けるときに強くパッティングして
血行促進効果を狙っている方も多いようですが、これも真皮のコラーゲンや
エラスチンの繊維が切れてしまい、真皮の劣化のほか顔の毛細血管などを
傷つけてしまい、肝斑やシミの原因となります。


くれぐれも強すぎるマッサージや、パッティングには気をつけてくださいね!

 

・たるみ予防のスキンケアとは!
まず、たるみ予防で大切なことは紫外線と活性酸素対策です。
特に紫外線によるダメージは、コラーゲンやエラスチン繊維の劣化に
直接つながりますので、要注意ですね。


それから、肌の血行を良くするためにホットタオルで顔を温めたり
顔の筋肉(表情筋)を鍛えるための、フェイスストレッチなども効果的です。

 

・まとめ
むくみやたるみなどは、人それぞれに目立つ場所が違いますので
自分にあったケアが大切です。


また、肌にいいと思っていたケアも逆効果になることもありますので
正しいケアを心がけ、若々しいハリのある肌作りをしましょう・・・

 

クリック ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

その他おすおすすめサイト

おすすめサイト → 結婚式場探し すぐ婚navi口コミ情報

おすすめサイト → 結婚情報資料請求 比較ネット評判情報

おすすめサイト → 結婚サービス比較 ズバット口コミ情報

おすすめサイト → 出会う婚活サイト ブライダルネット感想情報

おすすめサイト → 婚活資料請求来店予約 関西ブライダル口コミ情報

太陽光発電機器費用