読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hikariのほしいもの発見ブログ!

ネットで見つけた気になる商品を紹介しています。

今話題のエイジングケアPRP療法って効果があるの?

f:id:hikari2015:20161101144106j:plain


最近エイジングケアで話題のPRP療法というのをご存知でしょうか?
今回は、このPRP療法について見ていきましょう。


・PRP療法とは?
まずPRPの意味ですが「Platelet Rich Plasma」の略で
これを日本語に訳すと、「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)」
といいます。

何やら難しそうですが、簡単に説明すると血液中の血小板を多く含む血漿
注入して、皮膚の再生を促す療法ということです。

血小板とは本来傷ついた血管や細胞などを修復する働きがあり
その修復の過程で細胞を活性化させたりコラーゲンを作ったりします。
この働きをエイジングケアに利用したのが、PRP療法です。

 

・PRP療法って安全なの?
なにやら血小板を使った療法と聞くとちょっと不安になりますが
PRP療法で使用する血小板は、自分自身の血小板を使いますので
アレルギーや拒絶反応を起こす心配がなく安全であると言われています。

また、その効果はゆっくりと現れますので美容整形などとは違い
周りに気づかれにくいというメリットがあります。
効果が現れるのは個人差があるようですが、大体1~2ヶ月で
効果が現れるようです。

1回の注入では、40分程度かかるようで術後の影響は殆どないようです。
ですが人によっては、内出血や腫れの症状がでる人もいるようですので
1週間ほど様子をみたほうが良いそうです。

 

・PRP療法その他の効果とは?
PRP療法では、血小板の働きで生成されるコラーゲンのより
ニキビによる肌のへこみも修復する効果がありニキビ跡の改善にも
用いられるようです。

 

・まとめ
エイジングケアに非常に優れた療法ですが、健康保険の適用がありませんので
施術を受ける方は、事前に費用を調べておいたほうがいいようですね・・・

それから、1回の注入で大体1~2年程度効果が持続するようですが
より高い効果を得たいときは、定期的な注入をしたほうが良いようです。
美容整形より安全で人に気づかれにくいPRP療法1度試してみてはいかがでしょうか?

 

オススメの商品はこちら!

おすすめサイト → オトナまつげ ぱっちりウィンク評判情報

おすすめサイト → 大人ニキビ アクネクレンズクチコミ情報

おすすめサイト → 簡単永久脱毛 ジョモウアワークチコミ情報

おすすめサイト → 加齢敏感肌 ストレピア効果情報

おすすめサイト → 30代からの乾燥肌・敏感肌ケアコスメ徹底比較ガイド

薄毛でお悩みの方必見!意外に知らない正しいシャンプーの方法とは?!

f:id:hikari2015:20170312164614j:plain


春になると草木が芽吹くのと同じで髪の成長にも絶好の季節です。
しかし、そんな大切な時期に間違ったお手入れをしてしまうと
せっかくの育毛の季節も台無しになってしまいます。
そこで今回は、正しいシャンプーのやり方について調べてみました。


・育毛でお悩みの方の正しいシャンプーのやり方
1.ブラッシング
まずブラッシングは、髪が乾いた状態で行いましょう・・・
ブラシは目の粗いものを使用し、髪全体を溶かすようにブラッシングで
髪についたゴミやホコリを軽く落とします。
髪の毛の絡まりをなくすことで、シャンプー時の泡立ちがよくなります。

また、ブラッシングをすることで頭皮の血行をよくし薄毛の予防にもなりますので
シャンプー前のブラッシングを習慣にしましょう・・・


2.シャンプー前の予洗い
シャンプーの前には、38℃前後のぬるま湯で髪の毛を洗います。
この時、熱いお湯で予洗いをしてしまうと、頭皮が乾燥してしまい
薄毛の原因となりますので、お湯の温度には注意してください。

この予洗いで日常の汚れを落とすことにより、シャンプー時の頭皮への負担を軽減し
薄毛の予防になります。


3.シャンプー
シャンプーは、頭皮に直接つけないで手のひらにとるようにしましょう・・・
手のひらにとった後は、ぬるま湯で十分に泡立てます。
泡立てたシャンプーを地肌に何箇所か、塗布して指の腹で優しく洗います。

この時、毛穴の汚れは頭皮の汚れをしっかり落とすようにイメージして丁寧に
地肌から洗うのがコツです。
地肌をしっかり洗った後は、シャンプーの泡で髪の毛をとかすように
優しく洗い流しましょう・・・


4.すすぎ
シャンプーの後は、頭皮や髪の毛にすすぎ残しのないように
しっかりと洗い流しましょう・・・
シャンプー成分が、頭皮に残ってしまうと薄毛の原因となりますので
髪の毛全体を洗い流した後は、頭皮もしっかりと洗い流します。

すすぎのコツは髪の毛に逆らうようにシャワーをあて
手のひらにお湯を溜めて、溜めすすぎをすることで
頭皮のすすぎ残しを防ぐことができます。


5.頭皮のマッサージ
れいになった頭皮を軽くマッサージすることにより、血行をよくし毛根への刺激と
なり薄毛の予防となりますので、是非行ってください。

頭皮マッサージを行うタイミングは、就寝前のシャワータイムに行うのが効果的です。


・育毛でお悩みの方のシャンプーの選び方
せっかく正しいシャンプーをしても、シャンプー自体が頭皮に悪ければ効果はありません。
そのためにも、シャンプーも慎重に選びましょう。

特に30代を過ぎてからは、頭皮に良い成分のシャンプーを選ぶのがコツです。
シャンプーの種類は様々ですが、大きく分けると「石油系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3タイプに分けられます。

薄毛が気になる方は、仕上がり具合より頭皮への影響を考え頭皮や髪に優しいアミノ酸系の弱酸性タイプのシャンプーを、選ぶのが良いようです。
最近は、若い女性もストレスや生活環境などから薄毛で悩んでいる方が多いようですのでシャンプーの成分などを、確認して慎重に選ぶようにしましょう!

 

クリック ↓  ↓  ↓

 

その他おすおすすめサイト

おすすめサイト → キュッとCUTTOダイエットサポートサプリ

おすすめサイト → ファスティングサポートスムージー

おすすめサイト → ホームエステトライアル

おすすめサイト → ミネラルボディクリーム 

おすすめサイト → 30代からの乾燥肌・敏感肌ケアコスメ徹底比較ガイド

花粉症の季節に気をつけたいスキンケア対策とは?!

f:id:hikari2015:20170305151107j:plain


今年もそろそろ花粉症の季節となりましたが
この時期は、外出時マスクなどをする方も多いと思いますが
花粉症の方は、皮膚のバリア機能が崩れてしまいますので
肌のお手入れには、十分気を配りたいものです。
そこで、今回は花粉症の季節のスキンケア対策について
見ていきましょう。


・花粉症ってどうして起こるの?
まず、花粉症はどうして起こるのかということですが
人体には侵入しようとするウィルスなどの異物を排除し
身体を守ろうとする免疫機能があります。

花粉が人体に侵入しようとすると異物と判断し
この、鼻や眼などの免機能が過剰に反応してしまい
花粉症の症状が起こるようになります。


・花粉症の症状っとどんなの?
花粉症の方はご存知と思いますが、花粉を鼻から吸い込めば
くしゃみや鼻水鼻づまりなどの症状、直接肌に触れた場合は
眼のかゆみや肌荒れ、かゆみかぶれといった症状がでます。

コレ以外にも、アトピーの方は症状が悪化したり
人によっては、お腹の調子が悪くなる場合もあります。


・花粉症を防ぐためにはどうしたら良いの?
とにかく花粉を吸い込んだり、触れたりすることを徹底して避けることが一番です。
そのためには、外出時にマスクをすることは当然ですがプロテクター付きのメガネを
着用したり帽子をかぶったりして、肌が直接花粉に触れないようにすることです。
また、女性や髪が長い方は髪をコンパクトにまとめて髪に花粉がつかないように
することも、効果的ですね・・・

メイクをするときは、パウダーファンデーションやフェイスパウダーなどで
肌を覆うようにすると、花粉が付着しにくくなります。


・花粉症のスキンケア対策ってどうしたらいいの?
花粉症の方は、肌のバリア機能が低下していることも多いですので
肌の洗いすぎなどには気をつけたほうが良いようです。

また、外から家に帰ったときは肌の負担の少ない
クレンジングでメークを落としましょう・・・
それから、洗顔を十分に行い肌についた花粉をしっかり落とすことが大切です。
また、洗顔時はぬるめのお湯を使用するのがいいです。

洗顔の時間が十分に取れない場合は、フェイスブラシなどで顔についた
花粉を落とすのも良いようです。

洗顔が終わったら、保湿を十分にしましょう・・・
クリームの脂分はバリアの役目をはたしますので効果的ですが
あまり、ベタベタしてしまうと花粉が付着しやすいので
クリームの上からパウダーをはたいて、肌をサラサラに保ってください。

それから、意外に見過ごしがちになりやすい唇も
リップクリームなどで、しっかりガードしましょう・・・


・まとめ
花粉症だからと、メイクをしない方もいらっしゃるようですが
メークによって、肌のバリア膜を作りますのでファンデーションなどを
薄く塗るだけでも効果的です。

また、目の周りは皮膚が薄くデリケートですのでアイメイクなどは
かゆみや晴れの原因となることもありますので、注意が必要です。
アイラインやマスカラも、涙で流れてしまうこともありますので
注意して使用してくださいね・・・

それから、花粉症は身体の中からのケアも大切ですので
栄養をきちんととりましょう。
免疫力を高めてくれる、アミノ酸や粘膜強化のためのビタミンAや
ビタミンCを積極的に、摂ることも花粉症を防ぐには効果的です。

 

おすすめサイト → キュッとCUTTOダイエットサポートサプリ

おすすめサイト → ファスティングサポートスムージー

おすすめサイト → ホームエステトライアル

おすすめサイト → ミネラルボディクリーム 

おすすめサイト → 30代からの乾燥肌・敏感肌ケアコスメ徹底比較ガイド

太陽光発電機器費用